ホーム > 診療科・各部案内 > リハビリテーション科



当院のリハビリテーション科では、基本的動作能力の回復などを目的とする理学療法士や、応用的動作能力・社会的適応能力の回復等を目的とした作業療法士、言語聴覚能力の回復等を目的とした言語聴覚療法の治療法より構成され、いずれも実用的な日常生活における諸活動の実現を目的としております。




身体が不自由となった人々に対し、各個人の状態を調べ(身体機能、心理面、リスク等)適切な治療方法や目標を設定し、運動療法(起きる、座る、立つ、歩くなどを用いて運動能力を高め筋力強化や関節可動域を増やす)や、物理療法(温熱、水治、光線、電気療法などにより痛みや循環の改善)、ADL訓練(日常生活を円滑に行うために必要な動作の助言、指導、練習)を実施し、機能回復を図り、在宅に向けて支援します。




何らかの原因によって、身体または精神に障害を来たし作業遂行(円滑に日常生活を送る為の手段)が困難になった人に対し、作業活動(その人に必要とされる行為)を用い、生活の自立獲得を図ります。日常生活や職場復帰(または新しい職場への就職)が出来るよう練習、指導、助言を行います。
さらには余暇活動の充実に対しても援助します。




脳の損傷により聴く・話す・読む・書くといった言葉の機能や、飲み込みが難しくなるなどの食べる機能が障害された方に対して、それらの機能の回復や新たなコミュニケーション手段の獲得や助言を行います。
周囲の方々とのコミュニケーションを取り、安全で楽しい食事ができるよう支援いたします。