経営理念

地域の方々に愛され、信頼される病院・施設づくりを目指します。



基本方針

一、十分な説明のもとに患者様の医師を尊重し、患者様を中心とした安心と信頼、満足を得られる病院・施設づくりを目指します。



二、心温かい、安全で質の高い医療サービスを実践するため、病院及び全職員が日々研鑽、努力致します。



三、血管系疾患や生活習慣病の治療と予防に専念し、地域の方々の急性期から在宅医療までの幅広いニーズに応えることのできる病院づくりを目指します。



四、地域の医療機関、福祉施設、公共施設などとの連携を強化し、患者様に安心していただける医療を提供致します。



五、リハビリテーションを充実し、早期の社会復帰、家庭復帰を目指します。また、デイケアや訪問リハビリテーションなのでの在宅療養の支援機能を充実し、安心して在宅療養ができるよう支援致します。



六、良識と協調性のある医療人として、意欲と誇りをもてる病院づくりを目指します。


理事長あいさつ


医療法人讃生会は、昭和48年8月札幌市中央区宮の森の地にて宮の森脳神経外科病院を開設し、地域医療への貢献を柱に医療、介護の分野で事業を進めてきた医療法人でございます。


法人開設以来、「地域の方々に愛され、信頼される病院づくりを目指して」の経営理念に基づき、温かく時には厳しい皆様方のご支援・ご指導も頂きながら少しずつではありますが、医療や介護のサービス提供全般を充実させ地域の皆様に貢献できる体制づくりを進めてまいりました。


医療法人讃生会は、平成29年6月1日に医療法人社団 北柳会との合併を果たし、札幌に加え月形町と浦河町に老人保健施設を主体とした介護事業を展開する医療法人となりました。また同年4月に新たに診療所が開設され、札幌市内のみならず地方都市において医療と介護を提供することが、我々の新たな使命となりました。


こうした新たな社会的使命を地域にとって本当に役立つ形で展開していくためにそれぞれの事業所においては各地域の医療機関や介護・在宅系施設とのの連携構築を推し進め、その地域における包括的なケアの提供を実現することが必須となります。医療法人讃生会は医療・介護の事業を通じて地域の皆様に安全で質の高い医療と介護を安定的に供給し、高齢化が急速に進む地域社会で皆様方が安心して暮らしていただけるよう、医療法人としての責務をしっかりと果たしていきたいと考えています。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


平成29年6月1日
理事長 河本 俊

沿革


昭和48年05月 「宮の森神経外科病院」 開設



昭和48年08月 医業開始



昭和62年11月 「医療法人社団 北柳会」 設立(北柳会)



平成02年05月 「老人保健施設 月形緑苑」 開設(北柳会)
「月形緑苑クリニック 開設」 (北柳会)



平成03年10月 「宮の森記念病院」へ名称変更



平成08年11月 法人化 (「医療法人 讃生会」 設立)



平成09年05月 「老人保健施設 浦河緑苑」 開設 (北柳会)



平成10年08月 「月形緑苑クリニック」 休止 (北柳会)



平成12年04月 「居宅介護支援事業所 月形緑苑」 開設(北柳会)
「居宅介護支援事業所 浦河緑苑」 開設(北柳会)
「訪問介護ステーション 介護や 月形事業所」 開設(北柳会)
「訪問介護ステーション 介護や 浦河事業所」 開設(北柳会)



平成13年04月 浦河町介護予防センター事業 開始(委託事業)(北柳会)



平成18年03月 「宮の森記念病院」 同敷地内新館落成



平成18年03月 「医療法人 讃生会 デイケア宮の森」 開設



平成25年03月 「訪問介護ステーション 介護や 月形事業所」 廃止(北柳会)



平成29年06月 「医療法人社団 北柳会」 との法人合併



事業概要


当法人では医療と介護の分野において事業所の管理・運営を行っており、患者さま並びに利用者さまお一人お一人に合った質の高い医療を提供することで、QOL(Quality of Life:生活の質)の向上を目指しています。

・宮の森記念病院

・居宅介護支援事業所 宮の森

・通所リハビリテーション施設 デイケア宮の森

・老人保健施設 月形緑苑

・居宅介護支援事業所 月形緑苑

・老人保健施設 浦河緑苑

・居宅介護支援事業所 浦河緑苑

・訪問介護ステーション 介護や 浦河事業所

・浦河町介護予防センター事業(委託事業)

・その他 … 無床診療所 1件